最先端の点滴療法や生活習慣のアドバイスを行っています。

ichikawalogo_1.pngsinryou_kamoku.png

ichikawalogo_tel.png

生命とミネラル

   生命が、地球上で誕生し進化の過程で基本となるミネラルは、今でも私たち生命活動を続けるに当たり非常に重要な物ですミネラルバランス.fw.png
   私たちの骨格を構成するミネラルや生命活動を維持するために起爆剤として必要なミネラルは、非常に少ない量でミネラル間のバランスを保っております。人体にとって必要とされるミネラルを必須ミネラル(16種)といいます。ところが、必須ミネラルは、量が多すぎると毒にもなり少なすぎると生命活動に支障を来します
   そして私たちの体内で共生している100兆個以上とも言われる腸内細菌・1兆個の口腔内細菌・1兆個の皮膚常在菌も同じミネラルを必要としています。私たちは、私たちの体と共生している特に人体に悪さをする悪玉菌とミネラルの奪い合いをしています

現代社会と有害金属

   産業革命以降、私たちの生活はとても便利になりました。今更、たかだか10年前の生活に戻ることさえも正直困難と思います。
   しかしそれと同時に、さまざまな原因不明の体の症状や以前は少なかった病気が増えてきていることを感じられている方も多いと思います。
   例えば有害金属の一つの鉛は、血液中に存在もしますがおおくは骨に蓄積する性質があります。ある研究で、約1100年頃の人骨と現代人の骨には、鉛が1000倍もの濃度差があるとの報告があります。また、縄文時代、江戸時代、現代人の骨の中で縄文時代と江戸時代の骨からは、国産の鉛しか検出されず現代人の骨の中からは、外国産の鉛も検出されているとの研究もされています。
   鉛が蓄積することでさまざまな病気(精神異常・不妊・記憶障害・痛風・動脈硬化・頭痛・貧血など)を誘発しているといわれています。
   それ以外にも生体にとって有害といわれる金属が、身の回りにはあふれています。
   これらを極力入れない(なるべく食べない・塗らない・吸い込まない)、出すもんはきちんと出す(便秘をしない・解毒を行える体を作る)、必要な物はきちんと入れる(必須ミネラル・ビタミン・タンパク質・脂質など栄養素をきちんととる)ことが大切です。

キレーション

   有害金属が検出された場合、生活習慣の改善(快眠・快食・快便・快運動)を中心とし、点滴によるキレーション治療や不足な栄養素を見つけて補いながら本来持っている解毒力を高めるオーソモレキュラー療法の併用などをご提案させていただいております。

   詳しくは、院長にご相談下さい。 TEL:022-262-5755 mailはこちらからです。




.