最先端の点滴療法や生活習慣のアドバイスを行っています。

ichikawalogo_1.pngsinryou_kamoku.png

ichikawalogo_tel.png

血液クレンジング.png

血液クレンジング療法→オゾン療法.png

kigu.jpg    オゾン耐性の滅菌器具を用いた血液クレンジング療法というのは、血液を取り出してからオゾン処理を施し、オゾンによって活性化された血液を体内に戻すことにより、体全体の活性化を促し若返りを図る治療のことでオゾン療法とも呼ばれています。
   この療法は、ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、ヨーロッパでは広く認知されてきた治療法です。最近では、すでに亡くなられましたが2001年に100歳になられたイギリスのエリザベス女王の母君“クイーンマム”が、老化予防のために定期的に受けられていたことでも話題になりました。

オゾンの効果.png

   血液やリンパ液(ミトコンドリア)の浄化→疲労を感じなくなり活力が回復します。
   活性酸素が除去されて→ストレス解消につながります。新陳代謝も活発になり→肉体的にも精神的にも若返りを促進します。
   免疫細胞を活性化させ細胞内ATP濃度を上げることによって、病気が治りやすくなり、再発の予防や老化防止にも効果があります。

治療方法.png

te_cl.fw.png
   ①50~100mlの血液を採取します。採取した血液は、普通どす黒い色をしています。
   ②一定量の医療用オゾンを血液に加えます。オゾンの量は、多すぎても少なすぎてもよい結果を得られません。投与後に代謝と免疫系を活性化するために、もっとも効果のある量のオゾンを、正確に測定して投与します。 血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。
   ③オゾンで活性化された血液を、そのまま戻します。これだけで、冷え性の方などは、治療の最中から身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。また、指先や足先まで身体全体に酸素を行き渡らせる効果があるので、脳と目にも酸素がいきわたり、治療をしている最中に視界がクリアになります。

   1回の治療でも十分に効果はあります。

   癌の術後やウイルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。しかし、より健康を持続させたり、老化予防が目的の方は、月に1~2度の治療を続けることで効果が維持できます。

治療効果.png

te002.png    ①慢性疲労、疲れやすく、活力が減った
   ②神経を使う毎日で、ストレスが多い
   ③肩こり、冷え性、しびれ、頭痛など
   ④動脈硬化があり、心筋梗塞や脳梗塞が心配
   ⑤血管を丈夫にしたい
   ⑥風邪引きやすく、免疫が低下している
   ⑦ガン家系で心配している
   ⑧細胞を活性化して老化を防ぎたい
   ⑨病気を予防して、健康でいたい
   ⑩タバコやお酒が多いので心配だ等

   上記の医療は検査・治療を含めて自由診療(自費)となります。 保険診療ではありません。詳しくは院長へご相談下さい。